健康診断

各コースのご案内

/ COURSE

雇い入れ時健康診断

 
事業者は常時使用する労働者を雇い入れる際は、その労働者に対して、下記の項目について、医師による健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第43条)。
 
既往歴、業務歴の調査
自覚症状、および他覚症状の有無の検査
身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
胸部X線検査
血圧の測定
貧血検査(血色素量、赤血球数)
肝機能検査(ALT、AST、γ-GT)
血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
心電図検査
 
<健診費用> 13,200円

 

定期健康診断

 
事業者は年に1回(深夜業や坑内労働などの特定業務従事者は年2回)以上、定期的に下記項目の健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第44条)。
 
既往歴、業務歴の調査
自覚症状、および他覚症状の有無の検査
身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
胸部X線検査、および喀痰検査
血圧測定
貧血検査
肝機能検査(ALT、AST、γ-GTの検査)
血中脂質検査(LDL コレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
心電図検査
 
<健診費用> 13,200円

 

中央区民健康診断

 
当院では中央区の区民健康診査・がん検診をお受け頂けます。該当のご年齢・期間になりましたら区より受診券が送られてきますので、受診期間・該当項目をご確認のうえ、お申込み下さい。※区民健診は予約制です。お電話または窓口にて日時をご予約下さい。(ご予約の際は、あらかじめ受診券をお手元にご用意頂きますとスムーズです)

 

特定健康診査

 
2008年度から、メタボリックシンドロームに該当する人やその予備軍を減少させるため、特定健康診査(特定健診)がスタートしました。特定健診は、40~74歳の人が対象です。通常の健康診断は、病気の発見を目的としたものですが、特定健診はメタボリックシンドロームに注目し、糖尿病など生活習慣病予防のための保健指導(特定保健指導)を必要とする人を抽出するために行われています。そのため、メタボ健診などとよぶ人もいます。特定健診では、メタボリックシンドロームに着目しているため、腹囲の測定が行われます。さらに、メタボリックシンドロームに該当するかどうかを判定するために、血圧、血液検査(血糖、中性脂肪、HDLコレステロールなど)の測定が行われます。さらに、服薬歴や喫煙歴、食事や運動をはじめとする生活習慣に関する標準的な質問票による問診が行われます。

 

人間ドック

 
準備中

 

健診の流れ

/ FLOW

雇い入れ健診・定期健診

1.お電話にて、受付しております。

 

お問い合わせの際は、下記の内容をご準備ください。
・加盟されている健康組合
・健診項目
・希望開始月
・健診人数

↓

2.担当者が、訪問させていただき下記の内容などをお話いたします

 

・職員の名簿の受け取り方法
・受診日程表や健診キットの送付方法

↓

3.健診の日程表を作成し、お送りいたします。

 
↓

4.健診の実施

 
↓

5.健診結果をお送りいたします。

 

中央区民健診・特定健康診査

1.案内書類の送付

 

中央区にお住まいの35歳以上の方には、受診期間前に「 受診券」などの案内書類が送付されます。(年齢、加入している健康保険により お受け頂ける項目が変わります)

↓

2.受診方法

 
受診期間内に、事前にお電話 または受付にてご予約のうえご来院下さい。
※区民健診は予約制です。お電話または窓口にて日時をご予約下さい。(ご予約の際は、受診券をお手元にご用意頂きますとスムーズです)
※予約日の事前に一度ご来院頂ければ、検査の前日当日の説明やご記入頂く書類・検査キットなどをあらかじめお渡しできます。お越しいただく際には「健康保険証」と「 受診券」を忘れずにお持ち下さい。

↓

3.受診費用

 

中央区 区民健診は、自己負担は原則無料です。尚、加入している保険組合からの特定健診の用紙と併せて受けられる場合、一部自己負担が発生する場合がございます。詳しくはご相談下さい。

↓

4.結果説明

 

受診後、健診結果をお受け取り頂ける目安の日をご案内いたします。結果のお伝えは原則ご来院頂いており、医師から直接説明を行ないます。
 

人間ドック

準備中